白川庵ロゴ白川庵ロゴ

付近の見どころと観光案内

南禅寺 南禅寺(なんぜんじ)
臨済宗南禅寺派の総本山。亀山法皇の離宮。禅林寺殿を前身とし、室町時代には京都五山の最高位となるなど大いに栄えました。桜と紅葉が美しい境内には勅使門、三門、法堂、方丈が東西一直線に並び、周りを別院の南禅院や、塔頭が囲んでいます。塔頭の中でおすすめは、紅葉の頃の天授庵です。庭園の紅葉が素敵です。
知恩院 知恩院(ちおんいん)
浄土宗の総本山で、承安5年(1175)に法然上人が結んだ草庵始まりとされています。広い境内には御影堂(国宝)を中心に、大方丈、集会堂など三門に負けない大きさの建造物があります。
八坂神社 八坂神社(やさかじんじゃ)
厄除け、商売繁盛の神様として多くの信仰を集め、京都の人には「八坂さん」と呼び親しまれている古社。また日本三大祭の一つで有名な毎年7月に行われる「祇園祭」は、この神社の祭礼です。境内には本殿(重文)と拝殿を一つの屋根で覆った祇園造と呼ばれる社殿が建ち、四季を問わず多くの人で賑わっています。
清水寺 清水寺(きよみずでら)
坂上田村麻呂が開いた古刹で、北法相宗の大本山。世界遺産にも登録されていて、京都観光の定番のお寺です。仁王門(重文)をくぐると、三重塔(重文)、本堂はに、崖に張り出して建つ舞台があり、清水の舞台としてあまりにも有名。舞台は139本の欅の柱で支えられていて、釘は一本も使われていません。ここから京都市街が一望でき、近年はここで今年の漢字が貫主の手によって書かれ発表されています。